二次会で喜ばれる景品

景品目録を用意する

 

二次会の景品目録を用意すると二次会がスムーズに進行することが出来ます。
また、盛り上がりを演出することも出来ますから、一挙両得でもあります。

景品目録があるとやはり、見た目もいいですし、何故か景品が豪華に見えるという演出にもなります。
目録は次の二次会の参考に残すことも出来ますから、シリーズ化するようなときにも
あってもいいでしょう。

次があるというのは、何かを期待させることが出来るという意味でも面白いものです。
二次会はその場限りということが多いものですが、毎年するのも
恒例行事として面白いものです。

海外旅行

毎年恒例となると恒例行事として、企画もやりやすいということにもなります。

これが楽しみの一つになるということもあるでしょう。
二次会は景品を良くして楽しむということも一つの方法ですが、毎年の恒例行事として
誰もが期待するものとして、期待値を上げていくことで、より楽しくなるものでもあります。

そうした、企画をする側も恒例行事となれば前回のことを参考にして、
企画を考えることが出来るので楽でもあります。

一から考えるというのは実は大変ですが、前例があって、それを変更するというようなものであれば
いろいろなアイデアも出やすくなり、面白みも増すことになります。

企画をする側としても、前回の経験値をいろいろと活かすことが出来るのです。
二次会はいろいろと自由に出来るものですが、それだけ自由度が高いので
企画をする側は大変でもあるのです。

わいわい