二次会で喜ばれる景品

ノベルティ景品

二次会のノベルティ景品を用意するのも一興です。
最近はノベルティグッズも考えられて作られていて、便利なものが多くなっているので
二次会の景品として使うのも一つの余興として使えます。

元気に

特に会社の忘年会などの二次会であれば、自分たちが所属する
会社のノベルティグッズを歴史的に並べていくというのは面白みもあります。

会社を自慢するということにならないように、落とすところも用意しておけば
鼻につくようなこともないでしょう。

関連会社のものも同様です。
ただ、あまり使えないどうしようもないものは、景品としてもらっても
嬉しくないので、実用性があるものを選ぶ必要はあります。

会社のことを思い出すことにもなりますから、こうしたものを
景品として使うときには、細心の注意を払う必要性はあるでしょう。

なんでもかんでも景品にしてしまうということではなく、あくまで
二次会の景品として相応しいのかどうかを考えることは必要です。

女性が好きな

二次会で会社のことを忘れたいような場で会社のことを
思い出させるようなことは避けるべきですが、会社の忘年会の
二次会などで、会社の色が強く出ているような場では
面白い景品となることもあります。

あくまで、貰って喜ぶものということが前提ですが、みんなが楽しくなるようなものだといいでしょう。
広告重視であまり実用的でないものもありますから、二次会の景品として
相応しくないようなものもあるので、注意して選ぶ必要があるともいえるでしょう。

あなたにぴったりの住みたい場所の見つけ方 ページホーム

どんな景品が二次会で必要か