二次会で喜ばれる景品

全員分用意するコツ


事前に

結婚式を開催するときは、事前にしっかりと準備しなければなりません。
招待状を会社の上司や仲の良い友人などに送ります。
そして出欠を取ると、参加人数が分かるようになるでしょう。

一次会に出席する人数はだいたい把握できます。
しかし、二次会に参加する人数は定かでないケースが多いです。

そのため、景品などを用意する際にも困ることがあるでしょう。
そこで、仲の良いなどに対してはは前もって二次会へ参加するかどうか
尋ねておくとスムーズに行きます。

そうすることで、景品を全員に行き渡らせることが可能になります。
また、二次会の場合には、参加人数が増減することもあります。
そのため、景品は1つか2つくらい多めに用意しておくと無難です。

参加者が増えた場合でも対処できるでしょう。
そして、二次会の景品選びにも工夫を凝らす必要があります。
あまり高額な景品の場合には、多めに用意するということが難しいためです。

一般的に二次会の景品というのは、それほど高額なものを選ぶことは稀です。
もらった人が少し嬉しい気分になれる程度のものを選ぶのがいいでしょう。
また、大きさはなるべく小さいものの方が喜ばれます。

二次会の景品は、そのまま手に持って帰宅するためです。
キーホルダーなどの装飾品が望ましいでしょう。

また、一口で食べられるお菓子なども喜ばれます。
そして、配る際には1人ずつ手渡ししましょう。
お礼の言葉を伝えながら渡すと、これからも仲の良い関係を保てます。

いろいろあって悩む

あなたにぴったりの住みたい場所の見つけ方 ページホーム

どんな景品が二次会で必要か